東海道三十七番目の宿場町藤川宿 むらさき麦プロジェクト

2018.4.28
Purple Grain#37
地域・生産者・事業者・学生、みんなの夢が詰まったクラフトビール。
合資会社 Progressive Partnerships

藤川まちづくり協議会から3キロ平方メートルの畑を借りて復活させた、100%むらさき麦を使ったクラフトビール。まちづくり協議会、醸造家、地元の学生たちが共同で取り組み完成した、みんなの夢が詰まったビールです。

むらさき麦酒

地元の学生たちによるラベルデザイン

むらさき麦酒(写真左)のラベルは、コンペで選ばれた愛知産業大学デザイン科の学生たちによるデザインです。

 

■ アルコール度数:4.5%
■ IBU(苦味):30

 

Purple Grain #37

37番目の宿場町にちなみ、ネーミングに#37を採用!

Purple Grain#37 (写真右)の#37という番号は、東海道五十三次で藤川宿が37番目の宿場町であることから付けられました。アルコール度数もそれにちなんで3.7%というこだわりぶり。ラベルはHYAPPA BREWSオリジナルデザインで、著名な浮世絵師、歌川広重の作品をモチーフにしています。

 

■ スタイル: Session Ale
■ アルコール度数:3.7%
■ IBU(苦味):26

 

 

 

製造:合資会社 Progressive Partnerships
販売場所:ボトル販売/道の駅「藤川宿」、生で飲める店/イザカヤ・ジャ・ナイ (Izakaya・Ja・Nai)
住所:愛知県岡崎市明大寺町西郷町39-6
TEL:0564-54-7827
詳細はこちら:https://www.facebook.com/Izakaya-Ja-Nai-164456413562/

トップへ