東海道三十七番目の宿場町藤川宿 むらさき麦プロジェクト

2018.5.9
愛知県庁にて記者発表を行いました -「五万石ふじ」酵母と「むらさき麦」を利用したクラフトビール「むらさき麦酒」の完成-

藤川まちづくり協議会、合資会社PROGRESSIVE PARTNERSHIPS、あいち産業科学技術総合センター食品工業技術センターと共同で、岡崎公園の五万石ふじから分離した酵母と藤川宿のむらさき麦を利用したクラフトビール「むらさき麦酒(ばくしゅ)」を完成させ、愛知県庁にて記者発表を行いました。酵母の分離源となった「五万石ふじ」や原料に使用した「むらさき麦」は岡崎市の地域産業資源に指定されており、麦芽にむらさき麦を100%使用し、花酵母を利用したビール醸造は全国初の試みです。ふじの花の季節にふさわしく、爽やかな香りと、豊かな味わいとコクを特徴とするビールに仕上がりました。平成30年5月12日(土曜日)に開催される、「藤川宿第15回むらさき麦まつり」にて初披露し、限定販売します。

 


ラベルのデザインは愛知産業大学造形学部デザイン学科の学生によるもの

 

>> 詳細はこちら(愛知県公式ウェブサイト)

>> 関連記事(中日新聞ウェブサイト)

トップへ